コーキングとは、サイディング外壁材のボードとボードの間にできる隙間に詰めてあるもののことを言います。※シーリングとも呼ばれています。

コーキングをすることにより、隙間から水や汚れなどが入るのを防ぐことができます。

今回はこのコーキングに注目してみたいと思います。

コーキングの役割

コーキングの役割は主に2つ。

  • 建物内に水が浸入することを防ぐ
  • 緩衝材として衝撃を吸収する

サイディングボードやALC外壁は、パネル同士を繋いで形成しています。

このパネルとパネルの間には隙間ができるのでそこにコーキング材をつめて、外壁から雨水や汚れが侵入しないようにする役割があります。

また、外壁はわずかでも地震の揺れや外気の温度差による膨張伸縮、家の歪みなど様々なダメージを受けています。コーキング材には、これらのダメージを和らげる役割があります。

コーキングの劣化時期

一般的には新築で建ててから約10年が塗装のリフォームをする目安の時期と言われています。

ただし、留意すべきなのは、コーキングは外壁材よりも早い段階で劣化し、3年から5年経つとその劣化が顕著になる可能性があることです。

劣化症状としては、コーキングのひび割れや剥がれ、シワなど目で見て確認できる症状です。コーキングの一番の敵は、「水」と「紫外線」です。コーキングの劣化が進むと、そこから雨漏りが起きて建物内部が腐食してしまうなど、建物自体の寿命を縮める事態を招きかねないので要注意です。

いかがでしたでしょうか。

外壁の劣化は、外壁や屋根だけではありません。

コーキングは部位で言うと細く見落としがちですが、建物を守るために大切な部分です。

外壁材よりも痛みが早い分、日ごろから劣化していないか可能な範囲で構いませんので注視してみてください。