四季に恵まれている日本ですが、季節により雨に見舞われ冬には雪が降ることもあります。

屋根や外壁にとって水は天敵です。

しかし、塗装を行うことにより天敵である水から建物を守ることが出来ます。

今回は、塗料の防水効果の役割と必要性についてお話していきたいと思います。

塗装で水の侵入を防ぐ

塗装の目的は主に二つ、「美観をよくすること」「建物を保護すること」です。

建物に使われている外壁材は、塗料によって守られています。

外壁の表面を塗装することで、塗料の膜(塗膜)が形成され、その塗膜が外壁材から雨水が浸入するのを防いでいます。

建物は日々、紫外線を浴び、雨風に晒されています。

そのためどうしても徐々に塗膜にヒビが入ったり剥がれたり、劣化していきます。

これを放置してしまうと、劣化箇所から水分が侵入してしまい、建物自体を傷めてしまうことになります。

適切な時期に定期的に塗装のメンテナンスを行うことにより、建物を守ることが出来ます。

いかがでしたか?

塗装には大きな金額がかかります。

ですが、美観をよくするだけではなく、大切なお住まいを守るために必要不可欠なものです。

ご自宅はきちんと防水で守られていますか?

この記事を参考に、少しでも建物の防水について考えていただければと思います。