家を新築すると、住宅メーカーの10年間長期保証というものが付いてきます。

新築から10年が経過すると、一般的に住宅メーカーからの無料点検があります。

この点検で、必要なメンテナンスの見積もりが提示されます。

その見積もりに従って有償で補修を行うと、通常は10年間の保証が延長されることがあります。

この延長保証、対象となるのは『雨漏り』と『構造躯体』の2つのみとなっています。

どういうことかと言うと、自然災害などの被害は保証の対象外ということです。

対象となる2つは、基本的に瑕疵及びその瑕疵が原因の不具合等でないとほぼ起こり得ません。

では、なぜ住宅メーカーは延長保証を勧めてくるのでしょうか。

まず、最初の保証期間の10年が経ったら住宅メーカーから延長保証を勧められます。

そして、この延長保証について施主様は延長保証の金額を他と比較されることがないので、何も疑問を持たずに契約してしまいます。

相見積もりをされることがない住宅メーカーは、ここぞとばかりにメンテナンス価格を高く設定できます。

そうして利益を得ることが出来るので、一見安心そうな住宅メーカーもそしらぬ顔で延長を勧めてきます。

まずは、住宅を建ててくれた安心出来る会社メーカーだからと思わず、どういった箇所へどういった保証をしてくれるのかきちんと確認したうえで契約することをおすすめします。

可能であれば、第三の保証も検討し、相見積もりを取ることも大切です。