時間とともに経年劣化が進み、ひび割れや剥がれ、膨れなどの問題からは避けて通れません。

今回はそんな劣化問題について解説していきたいと思います。

【ひび割れ(クラック)】

クラックとは、壁にヒビ割れが入る現象です。

建物が地震や地盤の沈下など外部からの強い力によって揺れ、それによって生じるひび割れです。

幅が0.3㎜未満のひび割れであれば、経過観察でもいいと言われています。

ですが、それ以上のひび割れは、そのままにしておくと雨漏りや湿気によるカビの発生や建物の強度も落ち、危険な状態になってしまいます。

【剥がれ・膨れ】

塗膜の密着不良によって、剥離や浮きが発生している状態です。

この密着不良は、経年劣化や天候などの周辺環境で起こる場合があります。

ひび割れと同じく、この症状が出てくると雨水の侵入に繋がり建物の内部までダメージが及んでしまいます。

放置してしまうと範囲が広がり、雨水の侵入も出てきますので早めの補修をおすすめします。劣化した状態は、放置していても元に戻ることはありません。

日ごろから定期的に外壁に劣化箇所がないかチェックし、少しでも気になる箇所があれば塗装店などの専門業者に相談してみましょう。