塗装の見積りを取り、説明を受けた際に「養生」や「飛散防止ネット」などといった言葉を耳にしたことはありませんか?

養生とは、足場にかけるメッシュシートや、窓や換気扇などに塗料がつかないように取り付けるビニルシート、ライン出しのためのマスキングテープなどのことを言います。

もし塗装工事で養生をしない場合、塗料の飛散や汚染を防ぐことが出来ず、結果美しく仕上げることが出来なくなります。

今回は、数ある養生の中から代表的な養生について解説していきます。

養生シート

塗装を行う際に、周囲の部分を塗料から保護します。

これにより、余計な個所に塗料が付着してしまうことを防ぐことができます。

玄関周りや付帯部、ポストなどの小物にも養生シートをかけます。

飛散防止ネット

作業中の落下物を防ぐためや、塗装時の高圧洗浄中の水しぶきや塗料の飛散を防ぐ役割があります。

周辺の住宅に塗料や水しぶきが付着したり、通行人に飛散したりすると、さまざまなトラブルの引き金となります。

これを予防するためにも飛散防止ネットの役割はとても大きいのです。

他にも様々な養生がありますが、どれも塗装を行う上で必要不可欠と言っても過言ではありません。

養生の費用は、施工箇所の大きさによって異なります。

ですが、養生は必ず必要な工程ですので、業者ときちんと打ち合わせをして養生してもらいましょう。