朝晩はめっきり寒くなって、冬を感じ始めましたね。

こんなに寒い季節でも、塗装って出来るの?なんて疑問をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

今回は、寒い冬の塗装についてお話していきたいと思います。

一般的に外壁塗装は4〜5月(春)頃か、10〜11月(秋)頃が人気の季節です。

では、冬は塗装出来ないの?

いいえ、そんなことはありません。

結論から言いますと、積雪地を除けば冬でも外壁塗装を行うことは可能です

冬の塗装のメリット

●塗装業者の予約が取れやすい

●雨が少なく工事のスケジュールが立てやすい

●気温が低く乾燥まで時間はかかるものの、空気中の湿度が低く乾燥しているので塗装に適している

●塗装により建物を寒さや凍結、湿気から守ることが出来る

●冬場の塗装は需要が低いため塗装業者によっては、割引や特別料金で対応してもらえる

冬の塗装のデメリット

●塗料の乾燥時間が長くなるため、塗装作業に時間がかかることがある

●気温5℃未満になると、密着不良を起こし剥がれる原因になることもあるため壁塗装ができない

●凍結を起こすと足場が悪く事故の原因になりかねない

●寒さで塗料の伸びが悪くなり、塗りムラや塗り残しの原因になる

●雪=水分 なので、積雪時には塗装を中断する必要がある

この様に、冬の塗装にはデメリットもありますが、メリットも多く存在します。

冬でも、条件さえ満たせばきちんと塗装を行うことが出来ます。塗装工事をご検討される際には、適切な材料や技術を用いて作業を進めてくれる業者に依頼することで、建物の保護や美観の向上が十分期待できます。