外壁を塗り替える際に組み立てられる足場。

外壁リフォームをされている建物にはほぼ必ず組まれていませんか?

どうして足場を組む必要があるのでしょうか。

今回は、足場について解説していきたいと思います。

●丁寧に作業が出来る

足場があることにより、職人は自由が利くので万全の態勢で外壁塗装を行えます。

また、効率的に作業が行えるので時間のロスも避けられます。

足場を立てずに工事をしてしまうと、脚立をいちいち動かしての移動になるので時間がとてもかかってしまいます。

●職人の安全を確保できる

足場がない現場では、職人たちは危険な高所での作業を余儀なくされるため、作業効率が落ちてしまいます。

足場がない状態で屋根に登ったり高所を塗装するのはとても危険です。

不安定な状況での作業になるので、職人の作業効率も落ちてしまいます。

●飛散防止に繋がる

高圧洗浄の水しぶきや塗装の際の塗料の飛散、こういったものは足場に飛散防止ネットをかけることで被害を最小限に抑えることができます。

飛散防止による近隣住民や通行人へのトラブル回避へと繋がるのです。

外壁塗装工事に足場は必要不可欠です。

もし足場を立てずに工事を進めて、転落事故なんか起きてしまったら大変です。

安全安心に塗装を行う上で、足場はとても大切だとご理解いただければ幸いです。